HOME > 補修方法の選択

補修方法の選択

コンクリート・・・近年、その重厚な質感と荘厳で独特な雰囲気を持つ打ち放しコンクリートが好まれ、これを採用した建築物が多く施工されております。しかしコンクリートの性質上、その美しさを保ち続けることや、一度老朽化した打ち放しコンクリート面をまったく新しく再生することは、非常に難しい技術とされてきました。

打ち放しコンクリートの補修には、以下の様な方法が考えられます 1.撥水剤塗布
 2.コンクリートカラークリヤー工法
 3.打ち放し調コンクリート描画工法

高圧洗浄→撥水剤塗布
洗浄前 洗浄作業
撥水剤塗布は洗浄後の状況そのままが仕上がりとなります。
高圧洗浄で十分に洗浄しても。写真の様にコンクリート内部に侵食してしまった汚れは取りきれません。
洗浄後(仕上がり状態)
洗浄後(仕上がり状態)

高圧洗浄→下塗り→カラークリヤー塗布
下塗り塗布 カラークリヤー塗布
かなり綺麗になりますが、コンクリート劣化の著しい上部になりますと、雨筋跡がくっきりと残ってしまいます。
 

高圧洗浄→下塗り→中塗り→模様描画→光触媒コーティング等

高圧洗浄下塗り塗布中塗り塗布
高圧洗浄シーラー塗布中塗り塗布
模様描画光触媒塗装等

◆下塗り :RC-Fシーラー
現在のコンクリートの状態に合わせて溶剤、水性と選択します。

◆中塗り :RC-F中塗り
JIS602に準拠した防水性能の持つ弾性塗膜でコンクリートを保護し、微細なクラックにも追従します。

◆模様描画:RC-FF模様塗り
特殊なフッ素樹脂を専用タンポでコンクリートの風合いをリアルに描きます。

◆光触媒等 :K2コート光触媒で汚れを分解し、超親水効果で汚れを流れ落とすので、長期間美観維持につながります。

RC-Fシステムの他社にない最大の特徴は!!
・防水効果もある弾性塗膜であること。※圧膜設計で打ち放し保護
・光触媒機能を同時に持ち合わせていること。
・完全責任施工制で品質管理体制が確立されていること。

弊社では、長年蓄積した汎用性フッ素樹脂の技術を応用し、これらコンクリートの抱える問題点を解決すべく高意匠性コンクリート模様描画工法 RC-Fシステムを推奨します。

前のページに戻る
ページの先頭へ
会社案内

打ち放しコンクリート補修
株式会社 彩フィニッシュ
(サイ・フィニッシュ)


〒544-0023
大阪市生野区林寺4-16-18
TEL 0120-442-776
受付時間 9:00〜19:00
定休日 日曜

雨もり119:雨漏りのスーパードクター
外壁塗装・屋根塗装・防水塗装

外壁塗装・屋根塗装・防水塗装お任せください!

滑り止め施工

タイル、玄関、階段、浴室など
転倒防止の新技術です!

雨もり119大阪中央店

赤外線で雨漏りを見える化して
雨漏りを100%解消へと導きます!

彩Finish:大山哲央の塗装ブログ

彩Finishスタッフブログ

↑日々の作業状況はこちら↑

彩Finish:フェイスブックページ
K2C Masters
オリコ リフォームローン取扱

オリコ リフォームローン取扱

塗装工事でT-POINTが貯まります。

T-POINT 貯まります。使えます。